エディンバラとクリスマスマーケット

 

スコットランドエディンバラに行ってきました。

博物館も美術館もたくさんあって、園芸好きの間ではボタニカルガーデンが人気だったりもするのですが、やっぱりこの時期行くならクリスマスマーケットは必見。

古くて大きい街だけあってクリスマスマーケットの規模も大きかったです。

 

f:id:sissyduck:20181204082018j:plain

 

こんな具合でで店がずらっと並んでいました。

そして奥に見えるのはサンタランド。仮説遊園地です。

イギリスで割とよく仮設遊園地を見るのですが、流石に怖くてトライできない...ジェットコースター大好きなのに安心して乗れるのはディズニーアトラクションくらいという哀しい現実...

いつか仮設遊園地にも挑戦したいなあとは思っています。さすがに一人だと厳しい。

 

 

他にもいろいろ観光したのですが、おすすめは博物館。

そのままEdinbursh museumだったと思います。

free entranceで良かったら募金してってねというスタイル。気軽に入れて気に入ったら募金していくっていうこれまたイギリスでよく見るタイプの博物館です。

f:id:sissyduck:20181204081753j:plain

mini

古いminiが展示されていました。今レンタカーでminiに乗っているのでおお!という感じ。

初期miniは本当にminiだったんだよ!って聞いたからこれはたぶん初期のではないのかも?

 

 

王道のエディンバラ城にも行ってきました。

£18とちょっと入場料は高いですが中が町かな?ってくらい広いのでだいぶ楽しめます。

あと、高台にあるので町が見下ろせるのも魅力のひとつかも。

 

f:id:sissyduck:20181204082549j:plain

 

クリスマスマーケットがよく見えました。

きっとクリスマスじゃない時期に来たらまた違う景色と雰囲気なんだろうなあと思いつつ。

 

 

そして、崖の上にそびえたっているこのお城はホグワーツ城のモデルになったみたいです。

というよりエディンバラ全体にホグワーツ城の雰囲気があります。石壁とかとんがり屋根とかがこれぞホグワーツといった感じ!

 

エディンバラはJ.K.ローリングが執筆したところでもあるので、大いに参考にしているのかもしれません。監督さんとかが

そしてエディンバラ市街にJ.K.ローリングが実際に通って執筆にいそしんでいたカフェがあるというので行ってきたのですが、なんと改装中でした。

 

f:id:sissyduck:20181204083735j:plain

 

思いっきり工事中でしたが、あらま、と覗き込む観光客がたくさん。

取り替えちゃったらJ.K.ローリングが通っていた、ていう付加価値なくなっちゃうのでは...とは思いますが老朽化とかなら仕方ないですね。

これはこれでレアなのではと思ったり。

 

チャンピオンツリー

 

研修中のある朝「今日はチャンピオンツリーの人がくるから」的なことを言われました。

チャンピオンツリー

響きがとても強そう。

なんだそれ。

 

つまりは大きい木のことで、高さとか直径で決まるみたいです。

このチャンピオンツリーの方はイギリス中、たまには大陸の方にまで足を運びつつ木々を計測している、この道20年のベテランだそうです。

20年分の軌跡ノートを見させてもらいましたが、量も歴史感もすごかった。

 

チャンピオンツリーの話のなかで「日本にもすごいやつがあるよ。日本のCryptomeriaはすごい!」て言われたのですが、最初Cryptomeriaが何だか分からなかった、聞いたことはあったけど...

スギのことでした。林学出身として流石にスギくらいは覚えておこうと反省しました。

 

このスギ、確かに日本には大きいものがたくさんある。

だけど驚いたのが、イギリスとかアイルランドだと10mそこそこにしかならないということ。風が強くて倒れちゃうかららしい。たぶん土がしっかりしてないとかも原因になってると思う。

 

アイルランドのボタニカルガーデンにあったスギがこれ。

 

f:id:sissyduck:20181105061330j:plain

 

このもこもこしているのが、1本(多くても2,3本)の杉の木。

大抵は倒れては起き上がり、倒れては起き上がりを繰り返してこういう形になるんだそう。

中はこんな風になってました。

f:id:sissyduck:20181105061435j:plain

 

それはもういろんな枝やら幹がごっちゃになってさながらアスレチックのよう。

子どもに人気のスポットらしいです。せっかくなので一緒になって遊んできました。

木登り楽しい。

 

余談。

いろんな庭を巡り歩いていたらアイルランドで2番目のチャンピオンツリー(Cryptomeria)に会いました。

 

f:id:sissyduck:20181105061042j:plain

 

No2チャンピオンはこの三つ並んでいるスギたち。根っこはひとつらしいです。

ただ、倒木が思いっきり倒れ掛かっちゃってるのはこれでいいのだろうか。

 

 

Plant id

 

ちょいちょいPlant id っていう言葉を耳にする。

最初聞いたときはラベルかなにかかと思いました。日本語でIDっていうと免許証とか社員証とかそんなイメージが強いものだから。

 

これ、Plant identification の略で、直訳すると「植物同定」

要するに植物を見て名前を見極める作業のことみたいです。

 

そんな identification の話

 

植物を見極めるとひとことで言っても、そのためには葉っぱを見たり、枝ぶりを見たり、樹皮を見たり、それはもういろいろなポイントをチェックしていく必要があります。

はじめての人は「検索表」を使うと分かりやすいかも。

系統樹みたいにどんどん枝分かれして絞っていってくれます。ただ、ちゃんと枝分かれについていくためには、植物の構造とか部位の名前とか知っておく必要があるけども。

やさしい図鑑ならば巻頭に解説がついています。

検索表のある図鑑だと、「検索入門野草図鑑ー保育社」がおすすめ。

ただ、もう絶版な気がするから、アマゾンで中古を探さないといけないかも。でも結構簡単に見つかります。

 

 

さて、今自分はMount Stewart Gardenで世話になっているのですが、ここはできたころから主が集めさせ、ときに自らヒマラヤ遠征してまで集めてきたという植物たちが犇めいているのです。それだけに留まらず、今のヘッドガーデナーも植物収集好きで方々から種を貰ってきたり、枝を貰ってきたりしてどんどん増やすものだから、ガーデナーですら知らない植物が育っていたりするみたいです。

Shurb 低木に関しては、数も種類も多すぎるから把握するのを断念したそうです。

 

今回はPlant id をヘッドガーデナーと一緒にしたのですが、流石ヘッドガーデナー。ちょっと見ただけで科名どころか属名まで検討がつくものだから調べるのもとても早かった…

 

林学でも造園学でも植物同定は基本なので一通りやってきてはいるのだけど、結局は暗記ゲーになってくるので、暗記が苦手な自分にはちょっと…

覚えようと力こぶ入れて立ち向かうほど不思議なことに覚えたはずのことまでするする零れ落ちてしまうのです。ふわっとは分かるけど詳細が思い出せない。言ってくれたら分かると思う。たぶん、脳みその検索機能がいまいちなのだと思う。

 

植物をサクッと同定できちゃう人って、一般名だけじゃなくて学名までさらっと出てくるし、大抵は自生地から生態までリンクしてて、歩く植物辞典といった具合。

 

そもそも同定するだけでも、結構場数踏んでないとさらっとはできないのだけど…

 

自分は同定はできるけど、やはり覚えるのはどうも…

それにせっかく覚えたと思ってもAPGなんちゃらが改訂したりして変わっていくものだからついていける気がしない。

やっぱりせめて科名の検討くらいはつくようにがんばろ

 

行先

 

院に進んで留学してまで思う、ここで、これで本当に良かったのかなあと。

 

なんか周りの人たちはどんどん先に行ってるし、いつまで経ってもまだまだ足りないし。

 

というかどこを目指しているの分からなくなってきた。いや、そもそも最初から何も分かってはいないのだけど

 

どこを目指すかまだまだ決まらないけど、決めきれないのは自分の弱さ故か。

 

 

 

そんなことをうだうだ考えてると少年漫画がいやに心に響いてヒロアカ見てたら泣きそうになった。

 

全力で何かを目指すの、やっぱいいなあ。

自分もそっち側に行きたい。さて、どこを目指そうか

 

ラピュタ巡り

 

ちょっと前にウェールズに行ってきました。

 

f:id:sissyduck:20181010051638j:plain

 

イギリス観光でウェールズに行く人は多くないみたいで、あまり知られていないようだけど、自然も歴史的建造物もたくさんあってとても見ごたえのあるところです。

そして、とても大きい。今回行ったのはウェールズのなかでも南の一部です。

今週から北アイルランドに移動することになっていたので、フェリーに乗るためウェールズに来たので、何をするかは特に決まっていませんでした。

 

 

どこに行こうかなあと思っていたところで、なんとラピュタのような風景を拝めるところがあると聞き早速行ってきました。

 

 

それがこちら、Big Pit

炭鉱跡地だそうです。

 

f:id:sissyduck:20181010052535j:plain

 

パズーの故郷も炭鉱の町

ということでそこかしこにラピュタな雰囲気のところがあったのですが、一番テンションが上がったところがこれ

 

f:id:sissyduck:20181010052320j:plain

 

シータが降ってきたところ!!

これ、地下に降りていくエレベーター(言い方違うかも?)を動かす機械みたいです。ときどき輪っかのところがくるくる回っていました。

 

ここでは10時から15時の間、地下炭鉱ツアーをやっているのです。

HPで見たら、「2人以上からツアーは行っています」「1時間くらいかかります」とかふわふとしか書かれていなくて参加できるかとても不安でした…

が、入り口でいきなり「Underground?」と聞かれてあっさりツアーに参加できました。よかった!

 

このツアー、炭鉱員さんが地下を案内してくれるのですが、みんなノリノリで終始楽しい雰囲気で、本当楽しかった!

地下には何も持って行けないので、写真とかはないのだけど…

炭鉱は本当に使っていたままで(たぶん)残されていて、どこかのレビューでもあった通り下手に観光地化していなくて、とってもいい感じでした。

 

ただ、地下に下るときも登るときも、地下を歩いている時もちょっと怖かった…

90mも深くに潜るのってなかなかどきどきする。

 

潜るとか、遺跡の探検とかディズニーにも似たようなアトラクションがあるけども、当たり前だけどやっぱり本物は違う…

心臓にはあまり良くなかったけど、怖いのと同時にわくわくもしたのでまた行けたらいいなあ

炭鉱歩いていたら、ラピュタトーストが食べたくなった

作り方忘れちゃったからググらねば